電話帳

妙見寺

電話番号0721-98-0733
 ]

禅・曹洞宗 天白山妙見寺蘇我馬子が創建した河内の国最初の霊場

妙見寺
住所
大阪府 南河内郡太子町 大字春日1624
HP
Mail
myoukenji@mbr.nifty.com
最寄駅
上ノ太子駅goo地図

妙見寺の詳細情報

【妙見寺の歴史】
妙見寺は、推古天皇6年(598)、蘇我馬子の創建と伝えられ、七堂伽藍を備えた大寺であり、河内の国最初の霊場である。〔昭和43年4月1日発行の太子町誌による〕
寛文年間(1661─1673)僧浄悦によって再興され、曹洞宗に改めたという。明治に入り廃仏毀釈運動の煽りを受け、明治6年(1873)3月6日廃寺となった。しかし、鎌田誓由らが明治13年5月12日に現在の地に妙見寺を再興し、現在に至っている。
また、南北朝の乱で本坊を始め七十二坊伽藍被害という火事被害を受けたが、不思議なことに観音および妙見の二堂は境内の真ん中に在りながら、一点の火も移らず焼失を免れたと伝えられている。以来、「火伏せの妙見寺」として今日も残っている。

【妙見寺の境内】
十一面観世音菩薩立像(じゅういちめんかんぜおんぼさつりゅうぞう)
密教の尊格であり、10種類の現世での利益(十種勝利)と4種類の来世での果報(四種功徳)をもたらすと言われます。
奈良にある真言宗豊山派の総本山「長谷寺」の十一面観音様と同木と言われている。春日佛師作。

難陀龍王立像(なんだりゅうおうりゅうぞう)
海や水をつかさどることから航海の守護神や雨乞いの本尊とされる八大竜王のひとつです。
ナンダは「歓喜」という意味で人々の願いに応じて風雨を調えると言われます。

雨宝童子立像(うほうどうじりゅうぞう)
福を得て災いを除くという。頭上に五輪塔を戴き、右手で金剛宝棒を突き立て、左手に宝珠を捧げ持って立つ童子形の姿で表わされ、神仏習合によって日本で創作された尊像である。
真言系の両部神道では大日如来の化身とし、また日向に下生した天照大神の姿とされています。

北辰妙見大菩薩像(ほくしんみょうけんだいぼさつぞう)
童顔の武将仏で玄武(亀と蛇の合体した想像上の動物)に乗り、唐服を着、剣を持つ。

妙見寺
TEL:0721-98-0733

大阪府南河内郡太子町大字春日1624

アクセス (最寄駅)
○近鉄南大阪線・上ノ太子駅南へ徒歩20分
(バス)
○金剛バス太子線「喜志駅前」から「赤坂町」停留所・南へ徒歩5分
○金剛バス太子線「上ノ太子駅前」から「赤坂町」停留所・南へ徒歩5分
(その他)
【大阪方面から車の場合】
羽曳野東ICを降りて国道166号線を南へ、『春日西』交差点を右斜め直進。
駐車場 駐車場あり:最大15台

iタウンページで妙見寺の情報を見る

周辺の宗教

光福寺
  • [ 寺院 ]
  • 大阪府南河内郡太子町大字春日1786
津田尚文
  • [ 寺院 ]
  • 大阪府南河内郡太子町大字春日1786
了徳寺
  • [ 寺院 ]
  • 大阪府南河内郡太子町大字春日1775

さがすエリア・ジャンルを変更する

エリアを変更
ジャンルを変更
イタリアン&フレンチ特集
ビジネスホテル特集

妙見寺の関連リンク】

関連するエリア&業種の電話番号情報:大阪府の冠婚葬祭・イベント | 大阪府の宗教 | 南河内郡太子町の冠婚葬祭・イベント | 南河内郡太子町の宗教 | 大字春日の冠婚葬祭・イベント | 大字春日の宗教

関連する駅の電話番号情報:上ノ太子駅

関連する駅&業種の電話番号情報:上ノ太子駅の冠婚葬祭・イベント | 上ノ太子駅の宗教